スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
タキシードムーン

tasd
Vapour Trails / Tuxedomoon(2007)

30年選手のタキシードムーンの2007年作。
まだやってたのか?と言いたくなるが、開けてビックリの大傑作だ!
ダカダンな闇に響き渡るサックスは、インダストリアルな妖怪人間ベムといった塩梅で、美しくも禍々しい耀きを放つ。
どっぷりと耽りたくなります。

【2008/09/04 18:11】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブラッド・ミュージック
                                        

I Lay My Keys Wherever I go / Blood Music


これは強烈に良い!
Karl- Jonas Winqvistといスウェーデン人のソロプロジェクト。
ベスト盤らしい。
抑制の効いたフォーキーで温かみのあるウタモノでありつつも、エクスペリメンタルな遊び心に満ちており、それがまた、絶妙なバランスで溶け合っているし、ついでに言うと楽曲レベルも非常に高い。
ちょっと脱力してるヴォーカルも効いているし、
今年のベスト盤候補。

My Space
【2008/09/03 18:44】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
祝 Susanna 来日!

スサナ&ザ・マジカルオーケストラのスサナことSusanna Wallumroed が来日するそうです。
10月4日、5日。(もちろん東京のみ)
非常に楽しみです!

Real & True


【2008/08/29 16:40】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビーチステージ組

 Paolo Nutini とThe Dead Trees 。サマソニ以来よく聴いてます。


   





【2008/08/22 18:28】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジェフハンとエミトリ
待望のジェフ・ハンソンの新譜がリリースされておりました。
むろん、即購入。
ついでにイロイロと探ってみると、なんと、エミリアナ・トリーニの新曲までリリースされておりました。
アルバムも来月出るそうです。
 
Madam Owl / Jeff Hanson
エリオットスミスのようなメランコリックでアコースティックなサウンドと、あの独特の中性的なウィスパーヴォイスに変わるところはないものの、ちょっとカラフルかつパワフルになっている。
このカラフル感が賛否の分かれるトコロかもしれないが、相変わらず美メロ連発。
好きなアーティストが期待を裏切らない作品をリリースしてくれると非常に嬉しいものだが、このジェフ・ハンソンの3rdは、じっくりと聴き込むほどに味わいも深まる嬉しい逸品。

Me And Armini / Emiliana Torrini
エミリアナ・トリーニは、新曲2曲を聴く限り、新境地に挑み、独特の物哀しさが薄れている感じ。
どうなんだろうか、アルバムは?
ま、どうもこうもなくリリースと同時に飛びつくのだが。。。
My Space
【2008/08/21 17:12】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。