スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブロークン・トレイル

btoken


 ブロークン・トレイルというアメリカドラマを鑑賞。
エミー賞を幾つか受賞したというミニシリーズ。
最近の海外ドラマはクオリティが非常に高い。

かつてはドラマと映画では圧倒的に映画のほうが上位概念だったのだが、この作品などは、
アメコミものや恋愛モノがはびこる最近のハリウッド映画に比べて遥かに深みがある。


雄大な大自然と、走り抜ける大量の馬群。
映像の素晴らしさ、主演のロバート・デュバルの渋い演技、
そして淡々と染み入るように進むストーリー。
見るものを飽きさせないように、計算づくで
各所に派手なイベントを挿入しているSFX大作なんかより
はるかに映画らしい作品といえる。

1800年代後半を舞台にした西部劇。
二人の男が、借金して買った大量の馬を売り捌くために
東部に運ぶというロードムービー。
途中、娼婦として売られてきた中国娘を悪徳商人から引き取り、
仕方なく連れて旅するうちに、次第に絆が深まっていくというトコロがこのドラマのメインディッシュであり、非常にハートウォーミングなのだ。

最後の別れのシーンが、ちょっと甘くてガッカリしたものの、
どうやら実話をベースにした物語だったみたいで、それならば
納得せざるをえないわけである。
でも、このパターンはちょっと、いかがなもんだろうか。。。
もっとさりげなくやって欲しかったという気がする。

枯れたシンガーソングライターの味わい深い佳作といったドラマである。

スポンサーサイト
【2007/09/24 14:33】 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<とりあえず2枚 | ホーム | 今週も2枚>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://herad.blog111.fc2.com/tb.php/9-51290dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。