スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Once ダブリンの街角で

カテゴリーがラブロマンスだったため、気になっていたが敬遠していた「Once ダブリンの街角で」。

半年ほど前に機内で、ヒラリー・スワンク目当てで見た「PS、アイラブユー」が、紅茶に砂糖20杯のようなベタ甘で糖死しそうな映画だったので、コレもかなりの警戒をしながら見たが、いいウタと美しい映像と爽やかな物語が紡ぐ素晴らしい作品なのであった。

グレン・ハンサードは泣きメロも演技も冴えていたし、共演のチェコ人アーティストも役者じゃないとは思えない可憐な佇まい。

せめてヒューマンドラマのカテゴリーに入れてもらえれば、もっと早く見たのだが。。。
スポンサーサイト
【2008/09/22 18:21】 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ノーカントリー | ホーム | 掠奪の群れ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://herad.blog111.fc2.com/tb.php/43-90ea484c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。