スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アルゼンチンvsブラジル
先の南米予選が凡戦で、この試合も前半は見所が少ない試合だったが後半に動いて大差がついた。
個人技で突破を図るアルゼンチンと、カウンター気味の素早い攻めをみせるブラジルという試合展開。
ブラジル国民が忌み嫌う所謂「弱い側のサッカー」を強いられた挙句の3対0の敗戦は相当にイタイと思われる。
一方のアルゼンチン。
アグエロ、メッシのツートップと、チンタラ感満点ながら、やる時はやる男リケルメを軸とした攻撃陣は期待感に溢れているし、中盤のガゴマスチェラーノの献身的なフォローも効いている。
ガゴはレアルでの出始めは貧弱な選手だったが、成長著しい感じだ。
中盤から前線のこの陣容はA代表レベルでも世界屈指だろうし、キッチリと優勝してほしいところ。
 
それにしても、メッシを見るのは本当に楽しい。
プレーにある種の狂気が宿っているように感じられる稀有な存在で、非常に魅力的なのだ。
 
スポンサーサイト
【2008/08/20 18:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジェフハンとエミトリ | ホーム | オリンピック真っ只中ですが、プレミアリーグが開幕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://herad.blog111.fc2.com/tb.php/29-099565ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。