スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブルース・スプリングスティーン

bruceMagic / Bruce Springsteen(2007)


久しぶりに大手CDショップに行き、
ボス、マンドゥ・ディアオ、ロッキー・ボトラトの3枚を購入。
どれも速攻で聴きたいメンツだが、ここはやっぱり日本盤まで待ったボスからいきたい。
Eストリートバンドを率いて、「Born to Run」~「River」の時に近いサウンドとの
噂を聞くに付け、そりゃ期待せずにはいられません。


そして、評判どおり、まさにコレこそがボスに求めていた音楽!って感じで、
「Devils and Dust」や「The Rising」には物足りなさを感じていたワタシ的には
とうとうやってくれたかって思いになる、魂の一枚。


時代的には禁断と言っても良い、あのサックスまでもが鳴り響き、
ど真ん中のボスサウンドが炸裂しまくっている。
洒落たフレンチのお店にドカンと出てきた焼肉定食大盛りのような。。。
この昭和感(?アメリカだぞ)は三丁目の夕日ではなく天龍源一郎
華がありつつもゴツゴツした存在感がたっぷり。
敢えてブルース・スプリングスティーンの大復活作と呼びたい、
会心の一発である。
このアルバムを聞いて嬉しくならないボスファンは皆無のはず。
そして英米でバカ売れ。
この音が。
2007年に。
来日嘆願!

スポンサーサイト
【2007/10/26 20:59】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<伊藤雄大 | ホーム | エドウィン・コリンズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://herad.blog111.fc2.com/tb.php/17-4b7eab0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。