スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チャイルド44

チャイルド44/トム・ロブ・スミス

最近は読書集中力が著しく低下しているのだが、往復の新幹線で上下2冊をほぼ一気に読み切ってしまうほどに、引き込まれた。
非常に面白く、途中でやめられない上に、腹にズッシリくる傑作。

 

スターリン政権下のロシアで起こる連続猟奇殺人事件。

真相を追う捜査員は国家反逆罪で追われる身となりながらも、犯人を追いつめていく、というハナシ。


シチュエーション的にも、ストーリー的にも、スターリン暗殺モノの傑作小説「雪の狼」に結構似ている。

プロットもよく練られているし、当時のロシアの閉塞感や重い空気感も行間から感じられ、映像を喚起する描写も見事。
「雪の狼」好きには必読

ちょっと甘めな性善説なトコロも、ハートフルなスパイスとなっている。

スポンサーサイト
【2008/09/26 19:03】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ノーカントリー

アカデミー賞をわんさか取ったコーエン兄弟のノーカントリーを見た。
良質のインディロックがメジャータイトルを取ったかの如き印象。


序盤で提示される、殺戮現場の演出から一気に引き込まれ、予期せぬストーリーと予期せぬラストで幕を下ろす。
意味を自分で考えろという突き放した終わり方だ。
苦手である。。。


大金を持ち逃げする普通の人、追跡する絶対的殺戮者、さえない保安官の3人が主要人物。


ジェイムス・カルロス・ブレイクの小説「無頼の掟」では、主人公一派に対する死のメタファーとして追跡者
・鬼刑事ボーンズを登場させたが、この映画の追跡者は、暴力・死を含めた悪のメタファーであり、ボーンズ同様に圧倒的な存在として描かれる。

この映画の大きなポイントはなんといってもラストシーン。
「無頼の掟」では強烈極まりないカタルシスを味わわせてくれたが、この映画は、なんとも無気力感あふれるラストなのである
誰もが一瞬、はたき込まれた雅山のような気分になるであろう、このラスト。

さえない表情で語る保安官・トミー・リー・ジョーンズが、悪に対して、抗うことすら無意味であるという、諦観の念を表明して終わる。


圧倒的な悪に対して、善を象徴する保安官のトミー・リー・ジョーンズの無力感こそが、この映画のキモかも。

【2008/09/24 18:39】 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Once ダブリンの街角で

カテゴリーがラブロマンスだったため、気になっていたが敬遠していた「Once ダブリンの街角で」。

半年ほど前に機内で、ヒラリー・スワンク目当てで見た「PS、アイラブユー」が、紅茶に砂糖20杯のようなベタ甘で糖死しそうな映画だったので、コレもかなりの警戒をしながら見たが、いいウタと美しい映像と爽やかな物語が紡ぐ素晴らしい作品なのであった。

グレン・ハンサードは泣きメロも演技も冴えていたし、共演のチェコ人アーティストも役者じゃないとは思えない可憐な佇まい。

せめてヒューマンドラマのカテゴリーに入れてもらえれば、もっと早く見たのだが。。。
【2008/09/22 18:21】 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
掠奪の群れ
mudai 

「無頼の掟」「荒ぶる血」と大傑作を連発している、ハードボイルド・ノワール系では当代随一のジェイムズ・カルロス・ブレイクの翻訳三作目。

表紙もクラッシュのロンドンコーリングのジャケットを彷彿とさせ、なかなか格好いい。

 

感情を抑制し、事実を淡々と積み上げて物語を構築していく手法は、仕上がりは全く別物とはいえ、カウリスマキに近いかもと思ったりする。

 

実在したデリンジャーギャング団の裏リーダーだったハリー・ピアポントの物語である。

ちなみに、「パブリック・エナミーズ」という映画でデリンジャーをジョニー・ディップが演じるらしい。

 

で、肝心のこの作品だが、正直、前2作と比べるとちょっと厳しい。

淡々とすすみながら、最後に素晴らしいラストシーンが用意されていた前2作とは違い、実話とはいえ、線香花火が消え行くような、なんとも微妙なラストなのだ。

この淡々とした物語進行は、ラストが素晴らしいと大きなカタルシスをもたらすが、そうでないと落胆も倍増してしまう。
これはどちらかというと後者。

【2008/09/19 17:23】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダイジェスト再生と倉敷実況

チャンピオンズリーグ(以下CL)が始まり、CLのある週は、見たい試合が週に10試合くらい発生するという悪夢な状況に陥ってしまう。
で、打開策として、最近購入したDVDレコーダーについていたダイジェスト再生という機能を活用してみた。
音声を解析し、盛り上がっているシーンの前後を抜き出して再生するというもの。
短時間で重要な場面をバッチリ網羅できるという、CL対策としては大変重宝できそうな、ムシのいい機能なのである。

早速、アトレティコvsPSVの試合をダイジェスト再生してみたのだが、アウェイゴールかつ倉敷康雄氏の実況ということで、アグエロの先制ゴールが見事に飛ばされてしまっていた。
倉敷好きとしては、なんとなく嬉しいダイジェスト失敗なのであった。

先週の実況ではかつての手塚治虫ギャグの「あっちょんぶりけ」まで繰り出していた倉敷アナ。
さすがに尋常ならざる実況者である。

【2008/09/18 21:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
131

月曜日は、ほぼ1年ぶりのゴルフでした。
スコアは、初めてやった時を下回る散々な出来。
運動量豊富なランニングゴルフを展開してしまいました。。。

さらに、音楽満載のパソコンがクラッシュ。
一応バックアップは取ってあったのでデータ被害はさほどでもなかったものの、エミリアナ・トリーニ等、最近DLしたブツを喪失。
蓄積していたモロモロを元の状態に戻す作業を考えるとかなりメンドウくさいし、余分な出費がかさみまくっている今、パソコンを買い直すのは結構イタイ。

【2008/09/17 12:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
マイク・ヴィオラ


Lurch / Mike Viola (2008)

Susanna、Glen Tilbrook  に続いて、この人も来日決定。
おまけに名古屋でも演ってくれるという親切ツアーだ。
甘酸っぱくて軽快な、王道ポップミュージックの職人。
このアルバムでも、そのポップセンスを遺憾なく発揮し、ツボをおさえた高水準のポップソングが、カレーに入ったジャガイモのように、ゴロゴロところがっている。
というか、見事に捨て曲無し。
こういう人を狭いハコで見られるのは、なんとも嬉しい限り。

それにしても、みなさん、結構密やかに来日してくるので、かなり注意が必要だなぁ。。。

【2008/09/11 20:46】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ディティ・ボップス

 

Summer Rains / The Ditty Bops(2008)
おお~~~~っ、なごむ。
相変わらず素晴らしいDitty Bopsの3rd。
シンプルなアコースティックサウンドに、絶品女性コーラス。
大らかな古きよき田舎音楽的様相を呈しつつ、楽曲のクオリティも完成度も非常に高い、アリガタイ逸品である。
アップテンポな曲は少なく、メランコリックなメロディを散りばめながらも聴き心地は軽快。
チープっぽくみえつつも優雅、レトロ風味たっぷりにしてタダモノに非ズなDitty Bops!
10曲で30分足らずというボリュームも良く、繰り返し聴きたくなる。

そして、聴けば聴くほどに味わい深いのだ。

【2008/09/09 17:39】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トップリーグ開幕
らg 
ラグビートップリーグのトヨタvs東芝を瑞穂にて観戦。
まったりとゴール裏で見ていましたが、34対3という一方的な試合展開に(東芝勝利)。
基本的にサントリーを応援しているので、どっちが勝ってもよかったのだが、前半終了間際のトライで勝敗が決した感があり、以降は緊張感希薄な試合なのであった。
そのサントリーは開幕戦で三洋に敗戦。
トニー・ブラウンに完全にゲームコントロールされた感じだ。
また、ヤマハvsクボタでは、注目の伊藤雄大(ヤマハ)がベンチ入り。
途中交代でなんとなく冴えない表情の五郎丸の横で、くつろいだ雰囲気で映ってました。
【2008/09/08 17:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タキシードムーン

tasd
Vapour Trails / Tuxedomoon(2007)

30年選手のタキシードムーンの2007年作。
まだやってたのか?と言いたくなるが、開けてビックリの大傑作だ!
ダカダンな闇に響き渡るサックスは、インダストリアルな妖怪人間ベムといった塩梅で、美しくも禍々しい耀きを放つ。
どっぷりと耽りたくなります。

【2008/09/04 18:11】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブラッド・ミュージック
                                        

I Lay My Keys Wherever I go / Blood Music


これは強烈に良い!
Karl- Jonas Winqvistといスウェーデン人のソロプロジェクト。
ベスト盤らしい。
抑制の効いたフォーキーで温かみのあるウタモノでありつつも、エクスペリメンタルな遊び心に満ちており、それがまた、絶妙なバランスで溶け合っているし、ついでに言うと楽曲レベルも非常に高い。
ちょっと脱力してるヴォーカルも効いているし、
今年のベスト盤候補。

My Space
【2008/09/03 18:44】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
街のあかり
アキ・カウリスマキ監督の「街のあかり」(2006)を見た。
「浮き雲」「過去のない男」と並ぶ、敗者三部作だそうだ。
映画的なダメ男って、欠点はあるものの、大概は活力に満ちているものだが、この主人公は活力がまるでなく、愚かで、人付き合いが出来ない、まさにエクスキューズ無しの敗者である。
 
孤独な主人公が謎めいた美女(犯罪組織の女、特に美女ではない)に騙されて刑務所送りになり、出所後さらにモロモロあって組織への復讐を決意する。そして主人公がどん底人生の果てに、ささやかな幸せに辿り着く。。。
 
セリフも少なく、ビミョウに長いカットの数々と全体を覆うどんよりした空気。そして、寂れた人生をさらに物悲しくする、妙に古びた感じの映像。
ジョークだかシリアスだか判別しずらい場面の数々。
無口で無表情の主人公。
喜怒哀楽を一切排除し、ジョークとシリアスの奇妙なバランスの上に成り立った、カウリスマキ映画ならではの味付けが地味に美味しい。
 
【2008/09/01 19:59】 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。